戸建競売物件の魅力

7月 27th, 2014

戸建競売物件は前の住民が住宅ローンを支払えずに、住宅ローンを組んでいたとことろから差し押さえなどを受けて、結果的にその戸建て住宅の資金を回収するため、差し押さえた側がその物件を売ることで多少なりとも金銭を回収しようという話になります。
この裁判所が差し押さえなどを行った場合のその後の競売では、当然ではあるのですが相応に安く売られています。中古物件であることも影響をしていますが、公的には1日でも入居をすればその価値は激減していますと考えられるためです。
戸建ての住宅の場合、その傾向は顕著になります。次に買いたい人が同じような住宅を好き好んで購入してくれるかは分からないために、購入してもらえるように安く抑えた金額で売らざるを得ないということになります。
土地などであれば近隣の住宅用土地などの価格が参考になるのですが、住宅そのものは同じようなものはあってもそれがそのまま使用できるとは限らないために、その物件ごとで適正価格を算定していくことになります。
最初に購入した人は、その競売によって得られた金銭が最初に組んだ住宅ローンの支払いに充てられますが、それでも一般的には足りないために、受託を追われた後にさらに残りのローンを払い続けていくことになります。
50歳頃からのローンを組む場合には特に注意が必要です。定年が延長されたとは言っても60歳を超えた場合には給料が激減することが大半なので、返済ができなくなるケースが相次いでいるという実態があります。

戸建を建てるなら、快適な空調システムを!

7月 25th, 2014

一戸建て住宅を建てることが決まった時に、悩んでしまう方が多いのが家のシステムです。
せっかく家を建てるのですから、こだわりの詰まった素敵な家にしたいですよね。
内装なども大切になってきますが、やはり重要なのが住んでいてどれだけ快適なのか、ということです。
おすすめなのは、24時間空調システムです。
これは最新の住宅にはつけられる設備の中でもかなり人気のシステムです。
24時間いつでも快適な温度を保つことが出来る上、電気代もエアコンやヒーターを使う時よりもお得になることがあります。
一戸建て住宅は、周囲に隣接するものがないことも有るため、寒くなったり暑くなったりすることがあります。
人気の内装の吹き抜けや仕切りのない広いリビングなど、普通のエアコン等では快適に過ごせない間取りでも、全館空調システムなら快適に過ごすことが出来ます。
開放感のあるモダンな間取りでは、空調が問題になり断念することが多いのですが、この空調システムであればおしゃれな間取りにすることが出来ます。
メンテナンスもエアコン等と同様にフィルター掃除などをするだけなので、とても簡単です。
また、業者によっては無料点検期間があるところも多く、その後も任意の有料メンテナンス契約をすることができるため、メンテナンスが面倒だといった人にもおすすめです。
火災保険の特約で故障時にも補償があることがあるので、故障の際にも安心なのが心強いです。
せっかくの一戸建て住宅なので、こだわりの空調設備で快適な生活にしましょう。

戸建を購入する際のローン

7月 23rd, 2014

家を購入することは人生の中でも一大イベントです。
そしてその購入には多額の費用がかかります。
中でも一戸建ての場合は土地代がかかるので同じ大きさの家でも一戸建ての方が費用がかかることが多いです。
どちらにしても現金で一括で支払うということは難しい買い物なので、多くの人がローンを組むことになります。
ローンには財形住宅融資や自治体融資など公的なものと銀行や保険会社などの民間のもの、そして企業の融資や公務員共済などがあります。
公的な場合には、金利は比較的低めですが、借入限度額などの制限があります。
民間のものは借入限度額が高いのですが、個人の融資審査が厳しいという特徴があります。
住宅ローンは金利にはタイプが3種類あります。
固定金利型、固定金利期間選択型、変動金利型です。
固定金利型は借入時から完済まで固定金利なので返済額が変わりません。
固定金利期間選択型は3年、5年、10年など一定期間だけ固定金利でその後は期間終了時点の金利で、さらに変動型にするか固定型にするかを選ぶことができるというものです。
変動金利型は金利は半年ごとに見直されて返済額も5年に一度見直されるので5年ごとに返済額が変動するというものです。
正し上限は1,25%になります。
返済期間も種類があり、35年まで組むことができます。
返済の年数により利子が変わってきます。
借入期間が長いほど金利負担が大きくなります。
戸建てを買うときには返済に無理がないように金融機関としっかり話し合うことが大切です。